〜認定眼鏡士Rの店〜

メガネのツチヤ(土屋時計眼鏡店)

営業時間   朝  9:30から夜7:00   毎週水曜日定休  045-731-2802 








『HOYA』
日本が世界に誇る光学メーカー『HOYA』の両面累進をなどのプレミアムレンズを当店は使用しています。




『東海光学』
愛知県岡崎市にあるメガネレンズ専業メーカーです。テレビ東京系のガイアの夜明けでも紹介された『脳科学レンズ』も当店で扱っています。



40歳になったら知っておきたい


眼とメガネのこと


Q『最近パソコンやスマートフォンを見ると疲れる。』
A 『調節力の衰えが原因です。』
 人間は近くを見るためにはピントをあわせるため『調節』を行なっています。
長時間近くを見続けるということはピントを近くに合わせるために
調節力すなわち『ピントを合わせる力』を使い続ける必要があります。
しかし、その一方でどなたでも年齢を重ねると調節力が次第に落ちてきます。
その衰えがある程度まで進むことで自身が持つ調節力に余裕が無くなり、長時間近方を見ることが疲れにつながっていくのです。
そして、そのような症状が実生活で自覚できるようになるのが40歳くらいといわれています。



Q『では、どうすれば?』
A『それを補うメガネが必要です。』
 現代人はパソコンやスマートフォンなど近くを見る機会が 非常に増加しています。
それに由来する肩こりや頭痛で 悩まされる方々も非常に増えています。
これまでの遠方だけをよく見るためのメガネでは無く
近くを見るために低下した調節力を 『サポート』してくれるメガネがオススメです。





 一言で『メガネレンズ』といっても大きく分けて4種類さらに細かく分けて7種類もあります。もちろんそれぞれに長所と短所があるのでコンサルティングを行なって実際に体験していただき、レンズの種類を決定いたします。

Q 『色々種類がありすぎてわからない。』
A 『まずは遠近両用レンズがオススメです。』
 
基本的には最初の一本はもっとも汎用性が高く、掛け外しが少なくて済む遠近両用をお勧めしています。クルマの運転から家事、ショッピングまで利用可能です。しかし、すべての距離をそれなりに見ることの出来る遠近両用ですがパソコンや編み物などの特定の状況では満足が得られない可能性があります。その際には専用のメガネを作成することで快適にお過ごしいただけます。



はじめてみませんか?




 遠近両用メガネはあなたの人生を豊かにする素晴らしい可能性を秘めています。
しかし、その一方でメガネは『魔法の道具』ではありません。
なにより上記に書いてあるような基本を理解しお客様ご自身が使いこなして初めてその真価を発揮できます。
ですのでお渡しの際当店ではそのコツをご説明させていただくのに30分ほどお時間をいただきます。ご容赦下さい。