時計・電池交換について



あなたの大事な時計だからこそ
良質の腕時計電池を・・。

 

腕時計の電池は直接見ることが出来ないため、一見違いが分かりません。しかし、近年電池交換にインターネット通販で流通している日本製電池を模造した中国製電池や正規の交換用電池でない試験用電池などが使われてしまっています。そうした粗悪な電池は漏液しやすく大事な腕時計にダメージを与えてしまうことも・・。
(参考リンク 日本マクセル様 「ボタン型電池無断詰め替え再包装品に関するご注意」)
当店では信頼性が高く環境に優しいSEIKO純正国産無水銀電池を使用しています。
仕入れ値も高く、今ではほとんど使う時計屋も無くなってしまいましたが当店はお客様の時計のことを第一に考え、この電池にこだわっています。
ご希望の方には使用したことを確認いただけるよう使用した電池の容器も差し上げます。
その際パッキン(時計の防水性を保つための重要な部品)が傷んでいた場合にはパッキンの交換(数百円)も行ないます。



傷んだパッキンです。そのまま使い続けると防水性が損なわれるため汗などの侵入を許し
時計を台無しにしてしまうことも・・。

「ここが違う!」SEIKO腕時計電池の特徴

1:環境にやさしい
最新のテクノロジーの導入、採用により
環境負荷の大きい水銀、鉛を未使用とすることが出来ました。

2:優れた耐漏液性
新封口構造の採用と高性能封口マシーンの導入により
無水銀にも拘わらず優れた耐漏液性を実現しています。

3:高い信頼性
−10から+60℃の低温・高温環境下でも安定した電圧が長時間持続します。

超精密電子デバイス製造環境と同等のクリーンルームでの生産により
汚染を徹底的に防止し、高い信頼性を実現しています。


時計の電池交換すぐできます。

(一部特殊な構造、電池を使用しているお時計はお預かりさせていただくこともありますご容赦ください)


時計のバンド修理承ります

『メガネの聖地 鯖江』の金属加工技術を用いたバンド修理
大事な思い出のこもった腕時計のバンドが壊れて使えなくなってしまったことはありませんか?『メガネの聖地 鯖江』が長年のフレーム製造で培った最新の金属加工技術により、数年前までは不可能だったバンド修理が可能になりました。中留丁番の破損、ピン折れ、ラグ(ベルトを留めるところ)の折れなどご相談ください。
修理例(中留丁番パイプ脱落)
Before

After

当店の腕時計3つのこだわり

1:文字盤の見やすさ
過度にデザインに凝り過ぎるのではなく、
時計本来の機能である時間を見やすい文字盤を採用しています。

2:着脱のしやすさ
金属バンドは着脱のしやい「ワンタッチ三つ折れ式」を採用してしています。

3:丈夫さ
真鍮製では無くステンレス製やチタン製など強度の高く、防水性に優れたケースを使用しています。
   


『よこはまウォーキングポイント』

万歩計の電池交換
『よこはまウォーキングポイント』万歩計の電池交換を行っております。
その際に使用する電池は「漏液しにくく」「耐久性の高い」SEIKO純正の時計用電池を使用し、初期設定まで行っています。

ご注意
歩数計が正常動作するには電池交換後ウォーキングポイントリーダーでの再設定が必要です。

下の画像をクリックするとあなたのお使いのメーラーから当店にメールを送ることができます。




PCでご覧の方はこちら↑