メガネの国家資格『眼鏡作成技能士』制度始まります!

厚生労働省より認定眼鏡士制度の後継としての国家資格『眼鏡作成技能士』が発表され、来年度からいよいよ制度が始まります。これがメガネ業界全体としての技術の向上、ひいてはメガネをお使いになるすべての人々の満足と『視生活』の向上につながることを期待しています。私ももちろん取得するつもりです!

リンク先 厚生労働省技能検定「眼鏡作製職種」を新設しました

私自身、公益財団法人日本認定眼鏡技術者協会神奈川支部の役員でもあるので既存の認定眼鏡士S級・SS級・SSS級との兼ね合いなど公表できる情報が入りましたら情報発信していこうと思います。


2021年8月25日に眼鏡技術者国家資格推進機構が記者会見を行いましたが、公益社団法人日本眼鏡技術者協会が試験業務を行う指定試験機関となっていることから、眼鏡作製技能士1級試験はSS級認定眼鏡士試験、2級試験はS級認定眼鏡士試験に準ずるようです。

ただ学科は認定眼鏡士試験が5科目(視機能系・医学系・工学系・加工調整系・マネジメント系)を一日がかりで受験して全科目それぞれで合格しなければならなかったのですが、50問90分の試験1つにまとめられる模様でこれが合否にどのような影響を与えるのかは不明です。

認定眼鏡士の試験がどのような感じだったかは下記の記事をご参考ください
当ウェブサイト「認定眼鏡士・補聴器技能者について」内 SS級認定眼鏡士試験試験体験記

眼鏡作成技能士試験概要

受験資格
1級
① 2級の技能検定に合格した者であって、合格後、眼鏡作製に関する業務に2年以上の実務経験を有する者
② 眼鏡作製に関する業務に5年以上の実務経験を有する者
③ 3年制以上の全日制眼鏡専門学校を卒業した者又は当該専門学校を卒業する見込みのある者であって、公益社団法人日本眼鏡技術者協会会長が受検を認めた者
④ 3年制以上の全日制眼鏡専門学校と同等以上と認められる外国の学校を卒業した者であって、公益社団法人日本眼鏡技術者協会会長が受検を認めた者
2級
① 眼鏡作製に関する業務に2年以上の実務経験を有する者
② 2年制以上の通信制眼鏡専門学校を修了した者

試験内容
■1級 〇学科試験=50問(90分)選択式(多肢択一法)
 〇実技試験=視力の測定(30分)、レンズ加工(25分)、フィッティング(20分)

■2級 〇学科試験=50問(90分)真偽法(25問)+選択式(多肢択一法25問)
 〇実技試験=視力の測定(30分)、レンズ加工(30分)、フィッティング(30分)

学科試験
試験受付期間 2021年12月初旬から2021年22年2月末
試験実施時期 2022年4月中旬
試験会場:全国8会場(札幌・仙台・東京・鯖江・名古屋・大阪・岡山・福岡)
合格発表:2022年5月下旬にホームページで公開、本人に通知
実技試験
受付期間:2022年6月初旬から6月末
試験実施時期:2022年7月下旬~9月中旬
試験会場:全国7会場(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡)
合格発表:2022年11月中旬にホームページで公開、本人に通知

The Eyes「眼鏡技術者国家資格推進機構が「眼鏡作製職種」技能検定試験制度の概要を発表」より引用