コロナ禍でマスクをする機会が増えた昨今、メガネ装用者を悩ませる「メガネがくもる」問題。
それに対処するためのくもり止めも多種多様なものがあります。それぞれの長所短所を認定眼鏡士である自分が比較してみました。

マスクが曇るのはストレスになりますよね

液体スプレータイプくもり止め

手軽さ ☆☆☆
持続力 ☆
コスト ☆☆

液体スプレータイプは以前からあるおなじみのタイプです。

吹き付けて拭くだけの手軽さと乾拭きにならないのでレンズに傷がつきにくいメリットがあります。

ただし、くもり止め効果の持続力は控えめでこまめに塗りなおす必要があります。

使い捨てウェットティッシュタイプくもり止め

手軽さ ☆☆☆
持続力 ☆☆
コスト ☆

使い捨てのウェットティシュタイプ、一回分ずつの個包装になっており持ち運びも簡単、レンズのクリーニングも出来、キズもつきにくいです。

欠点は一回で使い捨てになってしまうためコストが高いということ。

普段使いでなく、お出かけのときだけ使う方が多いようです。

ジェルタイプくもり止め

手軽さ ☆
持続力 ☆☆☆
コスト ☆

ジェル状になっており、ごく少量をレンズに塗ることでくもり止め効果を発揮します。

塗布前にメガネをクリーニングする必要があり、塗った後にティッシュなどでふき取る手間もありますが、その分効果は強力で一度塗れば一日効果が持続します。

約50回使えるので経済的です。

布タイプくもり止め

手軽さ ☆☆
持続力 ☆☆
コスト ☆☆

比較的最近現れた、クロスタイプのメガネ拭きです。

クロスにくもり止めの成分がしみこませてあり、拭くだけでくもり止め効果がつけられます。

値段は高めですが約250回使用でき、くもり止め効果がなくなったら通常のメガネクロスとして使えます。欠点としては使用前にメガネをクリーニングせず乾拭きすると傷がつく可能性があること、付属の袋に保管しないと効き目が失われてしまうことがあげられます。

まとめ

いかがでしょうかメガネのくもり止めといっても様々な種類があります。どのタイプでも一長一短がありますのでお客様のライフスタイルにあわせたくもり止めを選んでいただけると幸いです。