新型RIC補聴器『オーデオ ライフ』

フォナックの耳掛け型RICタイプ補聴器『オーデオ』シリーズに2020年12月以来約1年半ぶりに新製品が発売されました。

それが『オーデオ ライフ』です。

『オーデオ ライフ』の特徴

上記のシズル感あふれるイメージ写真から連想できるように今回の『オーデオ ライフ』の最大の特徴は強力な防水力です。

補聴器最大の敵は水や汗、補聴器を扱っていると湿度や気温が高まる6月くらいから夏にかけて補聴器を修理に持ち込まれる件数が激増します。

これまでも多くの補聴器はこれまでも防水規格の国際保護等級IP68を取得していましたがあくまで生活防水レベル。プールや温泉、ジムや屋外での活動などは想定していませんでした。

そこで新しいハウジング(=外装)の採用やレシーバ差込口、マイクロホン音口などの改良、非接触充電の採用で防水性、防汗性を高めたのが『オーデオ ライフ』となります。

『オーデオ ライフ』ではなく『オーデオ (パラダイス) ライフ』?!

防水面では飛躍的向上を遂げた『ライフ』ですが、聞こえそのものに大きな影響を及ぼすコンピューターチップは既存機種の『パラダイス』チップとかわりません。

フォナック社の補聴器はスパイス、クエスト、ベンチャー、ビロング、マーベル、パラダイスと名前を変えるごとに中のチップの能力を向上させて来ましたが今回はライフと名前を替えてもチップはパラダイスで変わっていないことに注意が必要です。

もちろんパラダイス自体は非常に評判がよく『オーデオ パラダイス』もこれまでと同様併売されてますので、今回のライフはフルモデルチェンジではなくあくまで『オーデオ パラダイス』の防水強化バージョンとしてライフスタイルやご予算に応じて選択肢が増えたお考えいただけると幸いです。

新型フルオーダーメイド耳あな型補聴器『バート パラダイス』

フルオーダーメイド耳あな型補聴器は最新チップ『パラダイス』に対応しました。


先程申し上げたように内蔵しているコンピュータチップの性能が聞こえそのものに大きな影響を与えますので耳あな型補聴器の性能の底上げにつながっています。

また自動環境適応機能『オートセンスOS4.0』やスマホとパソコンなど2台のBluetooth対応機器との同時待受対応などもできるようになりました。

最近ではフルオーダー補聴器を中国などの国外で生産しているメーカーも多いのですがフォナックはほぼ全て国内で生産しているのも強みです。

『オーデオ ライフ』『バート パラダイス』のご用命は認定補聴器技能者がいる当店へ

メガネのツチヤには横浜市南区に2人しかいない認定補聴器技能者の内1名が常駐しております。

ご視聴などもしていただけますのでお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。045-731-2802営業時間 9:30-19:00 [ 水曜日定休 ]

お問い合わせはこちら