『世界初の両面複合累進』とは

それまでの遠近両用レンズでは
遠方度数から近方度数への度数変化を行う『累進面』をレンズの表側で行う
外面累進と内側で行う内面累進の大きく分けて2つの設計が存在していました。
その2つの設計にはそれぞれ長所と短所があり、それぞれのいいとこ取りをしたのが
両面複合累進です。

遠近両用レンズの設計の種類

外面累進
長所:縦方向の視線移動が少なくて済む。
短所:左右の視野が狭い。

内面累進
長所:左右の視野が広い。
短所:縦方向の視線移動が多くなってしまう。

この2つの設計の
長所のみいいとこどりを目指して作られたのが

両面複合設計』です。

外面と内面二つの累進設計の良いとこどり

現在流通しているレンズを設計ごとにランク付けすると
以下のようになります。グレードが高いほど表の下に行くほど
見やすくなっているとお考え下さい。

注意点は一般的に言われる『両面設計』より『内面設計』のほうがグレードが上だということです

もちろん両面複合設計は最上位のグレード4です。
(ちなみに当店が販売する累進レンズはほぼすべてグレード3の内面累進以上の設計を使用しています)

こうした高度な設計を使用し、お客様ひとりひとりのために長野県松島にある
HOYAの最新工場(工場見学記事はこちら)でオーダーメイドで製作されたレンズが
当店のおすすめする『ホヤラックス ウェルナ』シリーズです。
好評を得ていた『ホヤラックス LSV、Jaz、FDクリアーク』の見やすさはそのままに両面複合レンズのウェルナブランドに統合し、お客様に分かりやすくなりました
『メガネは便利そうだけど揺れ、歪みがあるのでチョット・・。』
と敬遠された方もぜひお試しください。

『ホヤラックスウェルナ シリーズ』各タイプの特徴

ウェルナフィールド
⇒バランスのいい遠近両用タイプ 

好評だった『ホヤラックス LSV』の後継商品のフィールドはLSV同様、ライフスタイルに応じて「ハーモニー」と「クラリティー」2つのタイプから選ぶことができます。当店では両タイプのトライアルレンズを完備しておりますので実際に違いを体験していただき、度数やお客様とのコンサルティングを通じて最適のものを選択させていただいております。

『爽快さ』のクラリティ

HOYAの累進レンズとしてはハードよりの設計で遠くがさらにスッキリワイドに見えるタイプ。その一方でBOOMの恩恵で従来と同等の中間・近用の見え方をキープしています。

「バランス」のハーモニー

比較的ソフトよりの設計で中間部が広く慣れやすいタイプ。高加入度でも違和感が少なく使いやすいのが特長です。

ウェルナシティ
⇒揺れ歪みが少なく、近くがより見やすい汎用タイプ

20㎜という長めの累進帯を採用することで、スマートフォンやパソコンなどを利用する現代人のライフスタイルにより適合した新発想常用レンズです

詳しくは下記のリンクから特集ページ

ウェルナルーム
⇒長めの累進帯で4メートルから40センチの距離に最適化した設計の室内用レンズ

テレビや家事、デスクワークなどが快適に過ごすことができます
詳しくは下記のリンクから特集ページをご覧ください

メガネは『魔法』ではありません。

両面複合累進(BOOM)は素晴らしい設計は素晴らしい技術ですが、遠方も中間も近方もすべてがはっきり見えるレンズというのはあり得ません。
お客様お一人お一人のライフスタイル、優先する目的や装用感のお好みなどに合わせてと相談しもっとも、適合した処方や設計を決定することで初めて、両面複合設計のポテンシャルを生かした満足感の高いメガネレンズを作ることが出来ます。
当店では認定眼鏡士が時間をかけて、度数の決定からレンズ設計の選定までさせていただきます。その場で見え方を体験できるの各種テストレンズも完備しておりますので、お気軽にご相談ください。