メガネでよごれるのはレンズだけではない!?フレームもケアしましょう

コロナ禍でより衛生環境の向上が求められる昨今、メガネのお手入れはどうしていますか?レンズをメガネ拭きで拭くだけという方が多いのではないでしょうか?

レンズをきれいに保つことも重要ですが、意外に汚れているのは直接肌が触れるフレームです。

フレームの主な素材である金属やアセテートの大敵は汗に含まれている塩分です。また皮脂は細菌の繁殖の原因にもなります。

正しいケアでよりメガネはより清潔で長くお使いいただけます。

メガネの汗や皮脂を取り除くには水洗いが必要です

レンズをメガネ拭きで拭くだけではフレームに付着した汗や皮脂を取り除くことはできません。

またレンズに砂など堅いものが付着していた状態で乾拭きをするとレンズに傷がつく恐れもあります。汗や皮脂、砂などを取り除くためにはメガネ全体を水洗いすることをお勧めします。


洗った後は清潔なタオルやティッシュペーパーで水滴をしっかりとふき取りましょう。

特にレンズに水滴が残ったままだと『水やけ』といって水滴の模様がレンズから取れなくなる恐れがあるのでご注意ください。

そのあとでメガネを購入したときにも付属している専用のメガネ拭きクロスで優しくレンズを拭きあげれば完璧です。

盲点なのは仕上げに使うメガネ拭きが汚れているとせっかくきれいにしたレンズに汚れが付着したり、傷がついたりしてしまうこと。

布製のメガネ拭きは洗えば何度でも使えます。1週間に一度のペースでのお洗濯がおすすめです。

水洗いには専用のメガネシャンプーがお勧め

頭だけでなくメガネもシャンプーを

水洗いをする際には薄めた中性洗剤を使うのもいいのですが『メガネのシャンプー』を使うのはいかがでしょうか?中性洗剤を使うよりメガネ全体に吹き付けやすく、すすぎも非常に楽なので気軽に水洗いをすることができます。除菌効果も期待できます。

あまり知られていない効果として飼っている犬にメガネをかまれて台無しにしてしまった経験がある方は水洗いをしっかりすることでメガネに付着した飼い主の匂いが取り除かれメガネをかまれにくくなりますのでお試しください。

香りは全5種類、ペットのいるご家庭でも使える無香料タイプもあります