中近レンズとは・・。

遠近両用レンズは聞いたことあるし、使っているけど中近レンズは知らない。」
メガネ屋をやっているとお客様からこうした声をよく耳にします。あるアンケートによると「中近レンズを知っている」方はメガネをお求めになる方のわずか7%程度だそうです。
コロナ禍で室内にいることが多い昨今、メガネ屋としてはこんなに便利なのに知られていないのはもったいない!と強く感じます。

中近レンズは遠近両用レンズと同じく一枚のレンズに複数の度数が存在する多焦点レンズですが、一般の室内での実用域である4メ-トルから40センチの距離を見るのに最適化されているものを指し、室内用メガネとも言われています。

イメージとしては遠近両用レンズの『遠方:中間域:近方』の割合が6:2:2であるのに対し中近レンズは2:4:4で中間域、近方重視の設計になります。

こんな用途に向いています。

『お手元用メガネに近い本やパソコンの見やすさ』『テレビを見れる遠方の視力』を兼ね揃えていますので

テレワークなどのパソコン作業
会議などのオフィスワーク

一般的にパソコンのディスプレイの距離は読書や近業より離れている場合が多く、奥行きのある中近が便利です

食事などのくつろぎの時間

食事を目でも楽しみつつ、家族やご友人との会話やテレビなどもご覧いただけます

こんな方にオススメです。

『普段は遠近両用メガネを使っているけど、テレワークで一日中、PCでの作業のときには近くの見え方が不満で疲れるんだよなぁ』

運転での使用も考慮し遠方(4メートル以上の距離)を重視する遠近両用レンズは室内ではその長所を十分発揮出来ません。中近レンズではPCでの作業など一般的な室内での作業距離に最適化されていますのでメガネをかけ替える必要もなくテレワーク、室内での生活に集中出来ます。

『普段はメガネを掛けたくない。近くを見るときだけ手元用メガネを掛けたいんだけど、老眼だと遠くがぼやけすぎて困るわ』

手元用メガネ、老眼鏡は近くは見えますが顔を上げると周りはボヤけて全く見えませんし、もちろん歩くこともできません。中近メガネなら近くもほぼ問題なく見えますし、顔を上げて室内を見渡せます。歩くことも問題ありません。「遠くも見える老眼鏡」としてお使いいただけます。

中近メガネまとめ

中近用レンズは累進帯が20~23.5ミリと長く度数変化が緩やかであるという設計の特性上、周辺部の歪みが比較的マイルドになってます。ですのでクルマを運転されない方などの遠方視力をそれほど必要とされないお客様は「遠近両用よりもこちらの方が楽。」とおっしゃって中近メガネを常用されるかたもいらっしゃいます。
逆に、お手元用のメガネをお求めにいらして、この中近メガネを体験すると『こちらの方が掛けたまま歩けるし便利』とおっしゃって中近レンズを選ばれる方もいます。

レンズメーカーによって『中近レンズ』の定義、考え方は異なります。また累進帯の長さやフィッティングポイント上での加入度数などで装用感も違いますので実際に体験いただく必要があります。
当店は各種中近レンズのトライアルがそろっておりますので実際に見え心地を体験できます、お気軽にご相談ください。