なぜ補聴器は必要なのでしょうか?

『Blindness cuts you off from things; deafness cuts you off from people』
(目が見えないことは人と物を分断し、耳の聞こえないことは人と人を分断する)

子供のころ病気により聴力、視力を失った教育家・著作家のヘレンケラーが言ったとされる言葉です。

補聴器を使うことの目的は音が聞こえる、言葉が聞こえることであることはもちろんですが
もっとも重要なのは自分以外の誰かとコミュニケーションをとることです。

言葉が聞き取れなくなってくると、家族や友人が談笑している時に「何を話しているのか?」「なんで笑っているか?」が分からずに疎外感を感じたり、話を何度も聞きなおすことで嫌われるのではないか?と考えて人と会うことが億劫になり、家に閉じこもりがちになってしまいます。

私はメガネも扱っているのでわかるのですが耳が聞こえにくいことは目が見づらいことよりも本人以外の第三者からはわかりにくく、相談できずに悩んでいる方が多いと感じています。

このようなときはご相談ください

  1. テレビの音が大きいと言われる
  2. 聞き間違いが増えてきた
  3. 大勢の中で聞き取りにくいことがある

当店は日本補聴器販売店協会の定める『補聴器販売の禁忌8項目』を順守し、先生へのご紹介もいたします。まずご相談ください。

禁忌8項目

  1. 耳の手術を受けたことがある
  2. 最近3か月以内に耳漏があった
  3. 最近2か月以内に聴力が低下した
  4. 最近1か月以内に急に耳鳴りが大きくなった
  5. 外耳道に痛みまたは、かゆみがある
  6. 耳あかが多くたまっている
  7. 聴力測定の結果、平均聴力の左右差が25dB以上ある
  8. 聴力測定の結果、500、1000、2000Hzの聴力に20dB以上の気骨動作がある

以上の条件に該当する方はまず耳鼻科医の先生の診察をお勧めいたします

補聴器は『認定補聴器技能者』のいる近くのお店で購入するのが安心です

補聴器は購入が「ゴール」ではなく「スタート」

補聴器でもっとも大切なのは購入していただいてからのアフターケアです。
日常生活でおひとりおひとりが何をどのくらい聞きたいかは異なります。
お渡しまでにコンサルティング・聴力測定を念入りに行い、それを反映したフィッティングをしてお渡しさせていただきます。

事前のご相談や購入後のアフターケアが大切です

重要なのは実際に使ってわかった「こうしたい。」というお客様の要望を丁寧にくみあげて、カウンセリングときめ細やかな調整をすることでお客様といっしょに快適な補聴器を創り上げていくことです。
補聴器の価格は機械そのものの値段だけではありません。購入前のコンサルティング、購入後のフィッティング、アフターケアなどのサービスも含まれています。
 例えば通販で安く購入したとしてもそれを活かすようなプロのサービスが無ければどんな高性能な補聴器も無駄になってしまいます。当店は公益財団法人テクノエイド協会が認定する『認定補聴器技能者』が常駐しています。ぜひ気軽に立ち寄れて、こまめに調整できるお近くの信頼出来る店舗でお求め下さい。

補聴器の70%は発売からわずか二年以内の新製品です。常に最新の技術が投入され10年前の補聴器と今の補聴器では別物と言えるほどの違いがあります。以前補聴器をしていてその時は「ピーピーうるさくて」「自分の声が響いて」使えなかった方も是非、当店に体験機がございますので最新の聞こえをご自身の耳でお確かめください。

お気軽にお問い合わせください。045-731-2802営業時間 9:30-19:00 [ 水曜日定休 ]

お問い合わせ