『仕事でPCを一日4時間以上見るのですが最近頭痛や肩こりが酷いんです。まだ30歳代で遠近両用や老眼のメガネは早いと思うのですが・。』

会社ではPCでの作業、営業先ではタブレットでお得意先へのプレゼン、自宅ではスマ-トフォンやタブレット…。

現代人はいわゆる『ITストレス』に常にさらされています。

さらにコロナ禍による『新しい生活様式』で室内で過ごす時間が増えたことでその傾向にますます拍車がかかっています。

その対策として目薬やマッサージ、サプリメントなどをお使いの方が多いようですが、これらはどちらかといえば「生じたストレスや疲れに対処する」対症療法なものです。

あなたのライフスタイルに合致した『アイアシスト』メガネでITストレスに対する「疲れやストレスを生じにくくする」根本的な対策を考えてみませんか?

『アイアシスト(ちからく)レンズ 』とは?

「近くを見る」ことは調節を必要とする目の運動です。

調節とは遠くから近くの物へピント合わせを行うことで、眼球の中の毛様体筋という調節筋肉が働き、その状態が長時間続くことが疲れの原因となります。

疲れの原因を取りのぞく対策として考えられたのが調節をサポートするレンズがアイアシストレンズ(ちからくレンズ)です。

遠くの見え方は今お使いの遠く用メガネそのままに、手回りを見る際に強要される調節を『アシスト』してくれる、いわゆる『電動アシスト自転車』のメガネ版と考えていただいていいでしょう。

アイアシストレンズはこのように近方視のアシスト機能がありながら、遠くの視界もしっかり確保。

遠近両用レンズのような足元の怖さや視野の狭さも殆ど無く、見え心地も外見も単焦点レンズのように自然です。

いままでの単焦点レンズとほぼ同等の使い心地でありながら、あなたの目をさりげなく助けてお客様の「視生活」をサポートいたします。

当店でお取り扱いしているアイアシストレンズ

スペクティアシスト』HOYA

HOYAの新内面累進設計を利用したアイアシストレンズです。
内面設計の利点である視界の広さや全度数最適化、乱視ズレに対する補正を特徴とするレンズです。
マイナーチェンジで表面のレンズカーブが浅くなり、より使いやすくなりました。サポート力はLight、Medium、Heavyの三種類になります。

『シンクロアシストシリーズ』HOYA

両面シンクロ設計を採用したハイグレードタイプです。

『ベルーナサプリ』東海光学

愛知県岡崎市にある東海光学のアイアシストレンズです。

もちろんブルーライトカットやHEVカット、傷防止やレイガード435など各種機能コーティング・カラーもお使いいただけます。

まとめ

アイアシストレンズはまだ認知度が低く、一般の方にはイメージしにくい商品です。
お求め頂く際には実際に体験いただくことが重要です。
当店ではスペクティLight、Middle、Heavy、サプリなど複数種類のアイアシストレンズのトライアルを完備しており体験いただけます。
そのうえで常駐する認定眼鏡士がお客様にピッタリの設計、処方をお選びします。お気軽にメガネのツチヤにご来店・ご相談ください。

神奈川県眼鏡協会のフリーペーパー『眼鏡道』にてアイアシストレンズの記事を書かせていただいています。ご希望の方には差し上げます

お気軽にお問い合わせください。045-731-2802営業時間 9:30-19:00 [ 水曜日定休 ]

お問い合わせはこちら