近視系アラフィフ専用レンズ『近視50』

この度発売された遠近両用レンズ『近視50』、ネーミングからわかるように製品の特長は『近視系40歳前半から50代後半で遠近両用をつかったことが無い方』に特化したレンズとなっております。

近眼(近視系)の方々はメガネ無しでは遠くがボヤけて見えるため、若い時からメガネを常用する方がほとんどです。そうした方々が50代を迎え調節力が落ちる、いわゆる老眼となりメガネをかけた状態で近くが見づらくなった時にとる対応はだいたい次の二つに分かれます。

よくある対処方法 パターン1
今まで通りの遠く用メガネで頑張る。近くが見づらいことは我慢する、あるいはメガネを外して近くを見る

よくある対処方法 パターン2
今までのメガネより遠くの視力を妥協して落とし、近くを見やすくする

↑近視系老眼あるある

これら二つの対応は根本的な解決にはならず、老眼の進行とともにパターン1では近くを無理して見るため肩こりや疲労の増加、パターン2では眼鏡装用時の更なる遠方視力低下をもたらします。

アラフィフ老眼の解決法に「近視50」

抜本的な解決のためには一枚のレンズに複数の度数が入っている遠近両用レンズがお勧めです。遠近両用にすることで今まで使っていた遠く用メガネと同様に遠くが見え、メガネを外さずに近くも楽に見ることができます。

一本ですべての距離に対応できます

とは言え、今まで遠近両用をかけたことが無い人の多くが

40歳後半から50歳前半で近眼の方

『足元が怖いのでは?揺れやゆがみを感じて慣れないのでは?

と遠近両用メガネに警戒感を持っています。確かに遠く用のメガネに比べて、遠近両用メガネはそうしたの欠点があるのは否めません。そこで誕生したのがこの『近視50』です。このレンズは近眼で遠近両用メガネが初めての人専用のレンズ設計にすることで『慣れやすさ』『違和感を感じにくさ』を感じにくくなっております。

遠近両用レンズであればあらゆる距離が見えます

認定眼鏡士が検眼・度数決定いたします

自身が近視系アラフィフでもあるSS級認定眼鏡士が検眼し、処方決定いたします。そのうえでトライアルレンズを使い実際の見え方をお店で体験し効果を確認の上お作り頂けます。
いままでずっと遠く用のメガネを使っていたけど最近近くを見るのがつらい方、テレワーク用のメガネをお考えの方で遠くの見え方も妥協したくない方、お気軽にご相談ください。

当店に「近視50」を実際に体験できるトライアルレンズがございます。

お気軽にお問い合わせください。045-731-2802営業時間 9:30-19:00 [ 水曜日定休 ]

お問い合わせはこちら