ブルーライトのおさらい

日本医用光学機器工業会が公表している『青色光カットに関するガイドライン』では目に見える光(可視光線)のうち、人が青色として感じる光を意味し、分光測定波長にて、380nmから500nmまでと定義されています。

巷にたくさんあるいわゆる『ブルーライトカット』レンズは多かれ少なかれこの波長域の可視光線をカットしています。
余談ですが、その中には、雑貨店やネット通販で販売されているブルーライトカットメガネのように実際にはブルーライトが表示どおり正しくカットしていないものも多くあります。基本的にはレンズメーカーのように『JIS T7333』や『BS2724-1987』などのブルーライトカット率の定義・計算方法が表記されていないものは信頼性に欠けていると考えられます。

レイガード435の特徴

これまでもHOYAは『ヴィーナスガードコートラピス』や『キャリアカラー』などのブルーライトカットコーティングやカラーを出してきました。これらの製品はJIS規格に基づく青色光ハザード関数(網膜に与える影響の重み付け)が一番高い435nm付近の波長をカットすることに重点をおいています。今回の『レイガード435』もその名の通り435nmもしっかりカットしていますが


紫外線に隣接する380から420nmまでのいわゆる高エネルギー可視光線(HEV= HighEnergy Vijible light)もカットしているのが最大の特徴 となります。

その背景としてHEVが網膜にある抗酸化部質ルテインを減少させるという発表がなされ、東海光学のルティーナなどブルーライトでもHEV域をカット素材を利用したレンズのニーズが高まったことが考えられます。

まとめ

JISに基づく青色光ハザード関数の高い435~440nmに加え、
より波長の短いHEV(380~420nm)もカットできるのが『レイガード435』です

その他のおすすめポイント

  • レンズ素材そのものにHEVカット機能をもたせておらず、表面処理で行っているため多様なレンズ設計、コーティングに対応できます。
  • キャリアカラーほどは色が濃くなく、ビーナスガードラビスほど反射光が特徴的ではないのでより、普段使いのできる自然なカラーとしてお使いいただけます。
トライアルレンズ全色当店にございます、実際にご体験いただけます。