OculusQuest2の瞳孔間距離(=IPD)のお話

OculusQuest2ではIPD(=Inter Pupilary Distance(瞳孔間距離)を見る人に応じて3段階に調整することができます。度付きレンズキットの販売を通じてOculusQuest2を使用している方と話していると、使用者の半分以上が「瞳孔間距離を調整していない」「わからないので適当に2」でVRをしているようです。

ちなみに「1」が58mm「2」が63mm「3」が68mmとなっています。この中で自分瞳孔間距離に最も近いものを選ぶことでよりよいVR体験をすることができます。とはいえ眼鏡業界の人間でもない限り自分の瞳孔間距離を知っている人はいないと思いますので、過去にメガネを作った経験がある方は購入したメガネ店に聞くのがお勧めです。メガネ店では検眼時のデータを保管していますので最も確実で正確です。(自分で鏡とメジャーを使って測定することもできますが、未経験者ではなかなかハードルが高いと思います。)

教えてもらえなかった、メガネ作ったことないという方は当店に来ていただきホームページ見たとおっしゃっていただければPDは無料で測定いたしますよー

ちなみに発売元Oculusは人類の95パーセント以上はこの3通りでPDでカバーできるといっていますが例えばPDが60mmの人は一番近い58mmを選択しても2mmズレます、メガネを作製するうえで2mmのズレは致命的ですがOculus的にはVRグラスではそうではないと考えてるのでしょうか・・ここは無段階調整できた初代Questの方がよかったかなとは思います。

Oculus Quest2用の度付きレンズキット加工販売しています。SS級認定眼鏡士が同行間距離も含めVRに最適な処方を決定いたします。
詳しくは「SS級認定眼鏡士兼VRヘビーユーザーが処方・加工します!Oculus Quest2(オキュラスクエスト)の度付レンズアタッチメント」

お気軽にお問い合わせください。045-731-2802営業時間 9:30-19:00 [ 水曜日定休 ]

お問い合わせはこちら