OculusQuest2の瞳孔間距離(=IPD)のお話

クエスト2の瞳孔間距離(=IPD)をきちんと設定していますか?

OculusQuest2ではIPD(=Inter Pupilary Distance(瞳孔間距離)を見る人に応じて3段階に調整することができます。度付きレンズキットの販売を通じてOculusQuest2を使用している方と話していると、使用者の半分以上が「瞳孔間距離を調整していない」「わからないので適当に2」でVRをしているようです。眼鏡技術者としてはメガネと同様使う人の実際のIPD(瞳孔間距離)とVRゴーグルの設定IPDが異なる場合プリズムが発生して眼球の輻湊または解散が強要され疲れや見づらさにつながりますのできちんと合わせることをお勧めしています。

クエスト2では「1」が58mm「2」が63mm「3」が68mmとなっています。この中で自分瞳孔間距離に最も近いものを選ぶことでよりよいVR体験をすることができます。

自分のIPDを知る方法

とはいえ眼鏡業界の人間でもない限り自分の瞳孔間距離を知っている人はいないと思いますので、過去にメガネを作った経験がある方は購入したメガネ店に聞くのがお勧めです。メガネ店では専用の瞳孔距離計でIPDを計測しているはずで、販売後も検眼時のデータを保管しているはずですので最も確実で正確です。
その際メガネ業界では「IPD」という言い方は一般的ではないので単に「PD」または「遠用PD」とお聞きになるといいでしょう。(下の図のように自分で鏡と定規を使って測定することもできますが、未経験者ではなかなかハードルが高いと思います。)

自力でのPD測定法
定規を持って鏡の前に立ち自分の右目を閉じながら左目の左側角膜外縁(黒目の端)に定規の0を合わせる、その後定規を動かさずに左目を閉じ右目を開けて右目の左側角膜外縁位置(図中A)の数値を読み取り、読み取った数値がIPD(瞳孔間距離)となります。

メガネ作ったけど教えてもらえなかった方やメガネを作ったことが無い方は当店に来ていただきホームページ見たとおっしゃっていただければIPDを無料で測定させていただきます。

ちなみに発売元Oculusは人類の95パーセント以上はこの3通りのPDでカバーできると言っていますが例えばPDが60mmの人は一番近い58mmを選択しても2mmズレます、度数にもよりますがメガネを作製するうえで2mmのズレは致命的ですがOculus的にはVRゴーグルではそうではないと考えてるのでしょうか・・ここは無段階調整できた初代QuestやHTC Viveの方がよかったと思いますし次モデルでは改善を期待します。

瞳孔間距離(=IPD)を合わせてもVRがすっきり見えない場合は屈折状態の問題(近視・乱視)かもしれません

IPDの設定も大事ですが、VRをより楽しむためにはVRをしているときに目が適切な屈折状態(正視)であることがより重要です。近視や乱視がある方がメガネを掛けないで、あるいは度数が合っていないメガネをかけていると最高のVR体験を楽しめません。例えばメガネ無しで視力0.7の人がそのままVRゴーグルを使うとVRの世界でも0.7でしか見えないことになります。「IPDをしっかり調整しても思ったほど見えないよ」という方は度数の変更や度付きレンズキットの使用を考えてみてはどうでしょうか?

Oculus Quest2用の度付きレンズキット加工販売しています。SS級認定眼鏡士が瞳孔間距離も含めVRに最適な処方を決定いたします。
詳しくは>>「SS級認定眼鏡士兼VRヘビーユーザーが処方・加工します!Oculus Quest2(オキュラスクエスト)の度付レンズアタッチメント」

上:-2D程度の弱度近視 下:正視視力1.0 のクエスト2ロビーでの見え方
(画像はイメージです)

VRの見え方についてのご相談・お問合せ

お気軽にお問い合わせください。045-731-2802営業時間 9:30-19:00 [ 水曜日定休 ]

お問い合わせはこちら