Oculus(Meta)Quest2ユーザー必読、これをしらないと損をするかも!クロスバイの仕組みについて

認定眼鏡士兼VRファンが少しでもVRが普及したらと個人的なオススメVRコンテンツを勢いだけで紹介する企画の4回目、今回はコンテンツではなくクロスバイという仕組みについてです。

オキュラスクエスト2用度付きレンズキットの販売の中で お客様とVRの楽しみ方についてお話させていただくのですが、クロスバイについてはほぼ全員ご存じないようでした。

そしてネット上で調べてもクロスバイについての日本語での情報が無いようでしたのでほぼチラシの裏ですがまとめさせていただきます。

くろすばい・・?

クロスバイってそもそも何?

あるゲームを買うときにクエスト2などのVRゴーグル単体(=スタンドアローン)で遊べるバージョンとゲーミングPCと接続してプレイできるバージョンどちらかを買えば両方プレイできるという仕組みです。
公式の説明(英語)「OCULUS CROSS-BUY OPENS UP NEW HORIZONS IN GAMING」

まずクロスバイ対応ゲーム「ピストルウィップ」を例をあげて説明します。

クロスバイ対応のゲームを購入した場合の例

①ピストルウィップを公式ストアでQuest版(スタンドアローン版)で買うと・・
当然Quest2単体でプレイできるし、ゲーミングPCに接続してもピストルウィップをプレイすることもできる。

②公式ストアでRift版(PC接続版)で買うと・・
当然ゲーミングPCに接続してプレイできるし、Quest2単体(スタンドアローン)でもプレイできる。

「えっそんなの当たり前じゃないの?!」とお思いの方もいると思いますが、むしろクロスバイでないほうが多いと思います。

次にクロスバイ対応でないゲーム「ビートセイバー」を例に上げて説明します。

クロスバイ非対応のゲームを購入した場合の例

①ビートセイバーをQuest版(スタンドアローン版)で買うと・・
Quest2単体ではプレイできるが、PC接続版はあらためて同じゲームを買い直す必要がある。

②Rift版(PC接続版)を買うと・・
PC接続でのプレイはできるが、Quest2単体(スタンドアローン)でプレイするには同じゲームを買い直す必要がある。

さらに問題を複雑にしているのはクロスバイが適用されるのはMeta(旧Oculus)公式ストアで購入した場合のみでSteamなどの外部ストアで購入した場合はクロスバイ対応ゲームであってもクロスバイが適用されずスタンドアローン版を買い直す必要があるということです。

Steamのほうがセールの頻度が多い上、セールの通知がわかりやすく値引きも強いので利用されている方も多いと思うのですが購入する際は公式とSteamどちらで購入するか考える必要があります。

まとめ

PCとVRゴーグルと接続してゲームなどをするOculusユーザーは購入のときに買いたいゲーム・アプリがクロスバイ対応かどうか調べてクロスバイ対応ならばMeta(旧オキュラス)公式ストアでなるべく買う。クロスバイ対応でないなら購入するのがスタンドアローン版(Quest用)かPC接続版(Rift用)かを確認して購入するのがいいのではと思います。

「どのゲームやアプリがクロスバイ対応なの?」ということですが公式ストアを見てもよくわかりません。

私は非公式のココ(海外外部サイト自己責任でお願いします)で調べています。全国のOculusユーザーの参考になれば幸いです。

公式を含めクロスバイについての情報があまりに少ないのでもし詳しいサイトなどをご存じの方ご一報ください。

オキュラスクエスト2用度付きレンズレンズキットの作成も行っています。メガネユーザーの方でクエスト2買ったけどボヤケて思ったほどすごくなかった、メガネがうまく入らず楽しめないとお悩みの方ご相談ください。